ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~の感想レビュー・課金・動画 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:RPG » ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~の感想レビュー・課金・動画

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~の感想レビュー・課金・動画

すいません、3日分くらい日記が空いてしまった。多忙オブ多忙でした・・・。まだ続きそうな気もしますが、なんとかやっていきます。

今回はダンまちのスマホ第二弾、メモリア・フレーゼ、通称だんメモをやってみた。

スポンサードリンク



※ 概要

原作はライトノベル、無名の少年ベル・クラネルと女神ヘスティアが出会い、縁を紡ぐ物語です。アニメにもなったね!2017年の春には外伝のソード・オラトリアもやってるから見るべし!このダンまちのメモリア・フレーゼ、通称ダンメモも原作と同じ流れを辿り、加えてオリジナルエピソードもありありのイケイケ状態。そしてストーリーはフルボイスでアニメ音源があったのにもかかわらず全て新規に撮り下ろしたらしい。


ダンメモ7


クエストが始まったら専用のマップに移動する。横スクロールのマップでスワイプ移動、道中の敵キャラに当たると戦闘の開始となる。戦闘はオーソドックスなコマンド選択式、通常攻撃がスキルを選んで敵を倒そう。スキルはMPを消費して、MPは通常攻撃をすることでたまる。


ダンメモ1
ダンメモ2


キャラクターの強化はレベル・熟練度・ステイタスボードなどなど。熟練度はキャラクターを使うことでたまっていき、ステイタスボードはクエストやイベントでもらえる恩恵を使うことで開放できる。どうやら☆1のキャラクターでも☆5まで進化できるっぽい?


ダンメモ6
ダンメモ3


キャラクターにはサポートキャラも1人つけられる。ヘスティアとかフレイアとかはサポートキャラの類で実際の戦闘には参加しない。しかし熟練度やステイタスボードはそのままあるため、育成要素はなかなかのもの。


ダンメモ4
ダンメモ5
ダンメモ8


各登場人物はホーム画面であるきまわっていて、話しかけることでCPが上昇する。このCPレベルが上がるにつれてキャラクター専用のストーリーやクエストが開放されるからやっておくべし。

課金の虹水晶は10個で120円、ガチャは1回40個、デイリーミッションで1日10個水晶はもらえるようだ。

※ まとめ

ダンまちの素材を使った王道のRPGといった感じ。ボイスを取り直してくれてるのは嬉しいよね!特段抜きん出た点もないけど、特段劣るところもないので、ほそぼそと人気が出るのではないでしょうか。


公式 : http://danmemo.com/

ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー




応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ