Battling封神の感想レビュー・課金・動画 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:アクションRPG » Battling封神の感想レビュー・課金・動画

Battling封神の感想レビュー・課金・動画

仁王が発売されたんだってよ、やりたいけどPS4が・・・
いい加減ほしいけどなあなあで買ってないんだよねー。

どれだけPS4は長持ちするんだろう。今回はBattling封神。

スポンサードリンク



※ 概要

妲己にまつわるうんぬんかんぬん、崑崙山に出てきた妖魔たちを
師匠の命に従ってぶっ倒していくアクションRPG。

あんまり漢字が多いのって読む気がしないんよね。

最初に近距離とか遠距離とかの計4タイプから職を選んでスタート、
☆で目安はついているけど、全部☆4以上だから違いが分からん。
4キャラ作れるから全部作って試すといいよ。


封神1


バトルは横スクローク系アクションRPG、左のパッドで移動で
右で通常攻撃・スキル・回避を行う。

スキルはクールダウンがあり、連発はできないが短めなので
使ってて気持ちいい。アラド知ってる人なら、イメージしやすいかもね。

神将を連れていると神将ゲージが100%になったら、
大ダメージを与える神将スキルが使える。スキルは神将で異なる。


封神2


ホーム画面は中国産でよくありがちなUI、これでもかというほど
コンテンツを詰め込んでいる。ログボもあるのでしっかりチェックしておこう。

一部は課金しないと解放してくれない。


封神3


神将はバトルのおとも、連れて行くと一緒に戦ってくれる。

ガチャで入手がメインだが、コンテンツで欠片も手に入るので、
コツコツと集めていれば最高ランクの神将も揃えられるだろう。

強化しないとすぐ死ぬから、豆にチェックは忘れずに。


封神4


もりだくさんのコンテンツ類、レベルやストーリーを進めると
解放されていくので、やりこみの幅は広い。


封神5


課金のダイヤは60個で120円。ガチャは1回135個、
10回プレイで1200個となっている。

また有料ガチャは1日に1回無料で引くことも可能だ。
オンライン接続報酬などでダイヤはもらえるから、
比較的この手のゲームにしては集まりやすいと言えなくはない。


封神6


※ まとめ

○ アクションがサクサク、でも敵は硬め
○ ダイヤがもらえやすい

△ 漢字ばかりでごちゃごちゃしている


公式 : http://houshin.gsgame.jp/

ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー






応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ