アングリーバード:ダイスの感想レビュー・課金・動画 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:ボードゲーム » アングリーバード:ダイスの感想レビュー・課金・動画

アングリーバード:ダイスの感想レビュー・課金・動画

神宮寺三郎が復活するらしい、ヒャッホイ!
もう30周年になるってさ。早いもんだね・・・。

アークシステムワークスが権利をもらって新規タイトルを開発するとか。
くにおくんと同じ流れだ、ありがとうアーク。

今回はアングリーバード:ダイスのレビュー。

スポンサードリンク



※ 概要

アングリーバードというと世界的に人気なアクションゲーム。
赤くてイカつい鳥が活躍するんだけど、今度の舞台はボードゲーム。

モノポリーチックなゲームに挑戦してお金持ちを目指すのだ。


アングリー1


対戦は1対1対1の3人マッチか2対2のチームマッチの2択。
ホーム画面のスタートを押して参戦クラス、対戦マップ、対戦形式を決めたら
マッチングが始まる。

参戦クラスは自分のもってるJOYによって可能な場所が違う、
上のグレードほどJOYも消費するがスキルカードも良いものが手に入る。

マップはオリジナルマップ(長め)とコンパクトマップ(短め)の2種類。

まずゲームを始めたら右下のスリングでダイスを振ろう。
ダイスコントロールはあるが、ダイスが育っていないとコントロール率は低い。


アングリー2


ダイスをふって空いているマスに止まればタウンを建築できて、
他プレイヤーのタウンに止まったらJOYを支払わなければならない。

買い取りアイテムをもっているときに限り、他タウンを買い取れる。
同じ地域のタウンをもっていると通行料にボーナスがつくので積極的に狙いたい。

一周するか自タウンに止まりJOYを払うことで通行料はアップする。
もちろん自分の懐から支払うことになるし、止まらなかったり負けたりすると
全くの無駄になるから積極的に払うかどうかは考えどころだろう。

JOYを支払ってマイナスになってしまったら破産になり負け。
物件を売っぱらって穴埋めということはできない。
ただし1度のみ借金をして生き延びることができる。


アングリー3


勝利のコツは上手くスキルカードを使用すること、
スタート時に3枚もっていて一定ターン毎に補充される。

JOYをもらえたり、3つダイスをふれたりと様々。
キャラクター自身の能力と組み合わせてデッキ編成を考えるべし。


アングリー4


ダイスにも種類があって、レアリティが高いほど強力な効果をもち
ダイスコントロール率も高い。

各々のパーツを手に入れた上でゴールド(JOYではない)を払えば作れる。
パーツの入手手段は主にガチャ。


アングリー5


アングリーバードおなじみのキャラクターたちにも個別の能力やレアリティがある。
ゴールドや課金のダイヤで強化可能。アンロックもロスとレオナルドは
課金なしで使えるようになるが、他のチャックやポムは課金となっている。

無課金を貫くならキャラはなるべく絞って強化した方が良いだろう。


アングリー6


レベル3になるとデッキの編成ができるようになって
カードガチャもゴールドかダイヤで引ける。

同じカードでもレアリティの高いものの方が効果も高い。

もちろんいいカードがあればあるほど勝率が高まるのはいうまでもない。


アングリー7


課金はダイヤ300個で360円、ダイスガチャは150、
スキルカードガチャは300となっている。各々ゴールドで引くことも可能。

時間制限付きのミッション達成でダイヤが5~10ほどもらえて、
1日1回無料の宝箱からも時々入手することがある。


アングリー8


※ まとめ

○ マイナスになったら終わりなので決着がつきやすい
○ ダイス次第では上級者に勝てることもある

△ ダイスコントロール率の低さ

☓ 序盤だからか重い


ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー






応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント
非公開コメント

ブログパーツ