死の商人の感想レビュー・課金・動画 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:カードバトル » 死の商人の感想レビュー・課金・動画

死の商人の感想レビュー・課金・動画

引越手続きを調べてたんですが、かなり時間かかりそうだね・・・。
丸一日でもできるかどうかわかんないや。

FC2でもいいんだけど過去記事掘り起こすのがめんどいよねー。

今回は死の商人というカードゲーム。

スポンサードリンク



※ 概要

戦争あるところに死の商人あり。死の商人とは銃や爆弾などの
兵器を専門に取引を行っている人の呼称を指します。

その裏で暗躍する商人たちのマネーゲームをカードゲームにした
斬新なアイディアがきらりと光るものとなっている。

過去の起きた出来事を遡って、上手く取引を成功させよう。
ストーリー性はほとんどなく、カードバトルのみ。対人戦はない。


死の商人1


※ カードバトル

マネーゲーム系で、ある一定の資産まで達するという条件をクリアすればいい。
進めるとターン数の制限もあって、なかなかに難しい。

というかもう1-3くらいでかなり運ゲー化している気がする。

自分の手札と場にマネーがそれぞれ配られてゲーム開始。

手札の中にはマネーカードを回収するという効果のものがあって、
それを使いマネーを回収していくことになる。

いかに効率よく回収できるかは、カードの運用と人口の増減がポイント。

右上には今の資産と人口が書かれていて、資産をとにかく増やすことが目標です。
人口はというと、少なければ少ないほどマネーカードを回収したときに
場に配られる新たなマネーカードの額が大きいものとなる。

赤色の手札はコスト分の資産と人口が減らせるので積極的に使おう。
資産を増やすことも大事だが、人口を減らすことも意識しなければならない。

また手札の中にはマネーカードの数字を増やすものもある。
マネー回収カードは単品で使うのではなく、コンボを意識しよう。

カードを使うほどの資産がなくなるか、人口が0になるとアウト。

ステージをクリアするとまれにカードが入手できる、この確率低すぎ。
また新たなステージも解放されるので、更なる課題に挑戦するのだ。

課金はカードを購入するといったもので、1枚120円から。
パックのようなものはなく、単品での購入になっている。
デイリーもないので無課金で集めたければステージを
何回もクリアしなければならない。


死の商人2


※ まとめ

○ アイデアは斬新
○ スタミナがない

△ ゲーム自体がブラック

☓ カードが手にはいらない
☓ 1-3からすでに難しい


ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー






応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ