スター・ウォーズ:フォース・アリーナ - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:ストラテジー » スター・ウォーズ:フォース・アリーナ

スター・ウォーズ:フォース・アリーナ

任天堂スイッチちゃんの発売日がなんと3月3日に決定しました。
期待は高まるもののローンチタイトルはちょっと弱い。

夏にはスプラとかでるから一定数の購入は予想できるけど・・・。
WiiUちゃんの二の舞いにならないよう、祈ります。

今回はスター・ウォーズのアレ。

スポンサードリンク



※ 概要

スター・ウォーズがストラテジーになって登場。
クラロワを知ってる人なら分かりやすいかもしれない。

対人ベースでより多くの拠点を倒した方が勝ち。
ストーリーなどは一切ないので、それを期待している人は回れ右だろう。

クラロワより戦略性というか、フィールドが広いので難しいかも。


スターウォーズ1


※ バトル

クラロワと違うのはリーダーがいるということ。
ゲージをためてユニットを召喚し相手の拠点をつぶす。

時間切れは多いほうが勝ちとなるルール、同点はサドンデス。

リーダーはそれぞれ固有能力をもっており、近接や遠距離さまざま。
クール後にスキルを使えるので、タイミングを見極めよう。

ユニットの外には広範囲爆撃カードもあって、HPの少ないユニットは一層できる。
ユニット・リーダーともにやられても再召喚が可能だ。

リーダーといえどユニットより硬い程度で、集中攻撃を受けるとすぐやられてしまう。
ユニットに攻撃を誘導させて攻撃するのが基本戦術になるだろう。

フィールドが広い分、両端への対応がクラロワに比べて難しい。
戦略性は深まるものの、手軽さはクラロワの方が上な印象だ。

報酬はもらえないけど、最初はトレーニングで練習しよう。


スターウォーズ2


※ パック開封

バトルやミッション達成でカードパックがもらえる。ただ開けるには課金のクリスタルをつかうか、
一定時間経過が条件となる。ブロンズパックのブースターなし(時間半減)で1時間30分くらい。

スタート当初はプレミアムブースターが使われているで多少開けやすくなっている。

ストアで購入するカードパックは即開封可能。対戦に勝つとランクはあがるが、
ランクをあげるためにはクラロワ同様、課金で素早くカードを揃えることが必要だろう。


スターウォーズ3


※ リーダー・ユニット

カードは全て重複カードを揃えた上でクレジットを使って強化する。
カードはパックの他、ストアやトレードでクレジットでも購入できる。

レアリティが高いほどかかる費用も高いので、結局は課金がはやい。
ただいいところは最初から一定量のクレジットをもらっていること、
レジェンドを強化したら一瞬でぶっとぶが、ノーマルとかレア程度なら少しもつ。

もっと対戦時のクレジットをふやしてください!


スターウォーズ4


※ 課金

クリスタルは270個で360円、パックは種類によって値段が違い、
一番安いゴールドパックで110個、ダイヤパックで1980円だ。

ちなみにゴールドだと32枚入りでダイヤだと128枚入り。
クレジットやクリスタルはミッション達成でももらえる。

カードパックは対戦や時間経過でもらえる。
クラロワと同じなのでトップを目指すには一定の課金が必要だろう。

こっちの方が割高な気はするけどね。


スターウォーズ5


※ まとめ

○ 戦略性が深い
○ ファンには眉唾
○ ブゥンブゥンって音がいい

△ とっつきにくいかも
△ ストーリーはない

× 課金が割高


公式 : http://www.starwarsforcearena.com/ja

ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー






応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ