HIDE AND FIRE(ハイドアンドファイア)のレビュー・課金要素・動画 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:シューティング » HIDE AND FIRE(ハイドアンドファイア)のレビュー・課金要素・動画

HIDE AND FIRE(ハイドアンドファイア)のレビュー・課金要素・動画

FPSつながりではありますがペーパーマンがサービス終了になるようです。

手軽に楽しめるライトなFPSとペラ紙みたいな親しみのあるグラが特徴だったね。
ボクもサービス当初は何年か遊ばせてもらったけど結構楽しかったなぁ。

まだ若かったボクはチョコ棒の近接武器を買ってすごく太いです・・・とか言ってた黒歴史。
ま、まあ長年続いたゲームなので惜しくはあります。グッバイペーパーマン!

ということで今回はFPSつながりでハイドアンドファイアのレビューです。

スポンサードリンク



※ ストーリー

精鋭が集まったファルコン部隊とヤバイ組織との戦い。


ハイド1


※ グラフィックアンドボイス

画像の通りグラフィックはリアルタッチ、男性ボイスはいい感じだけど
あまりこのようなゲームに萌えた声はいらないのではないだろうか。

でも、キャラ毎にいい個性は出ているね。


ハイド2


※ ハイドアンドファイア

肝心の戦闘について。本来よく見かけるFPSとは違って
ひたすら隠れて射つことに特化している。

だからマップ内を動き回って隠れながらという作業が省かれる。
これをFPSじゃない!と思うかどうかは個人の好みで分かれるとこかも。

個人的にはとてもスマホらしくて手軽にできていいと思った。

スタートは物陰から始まって標準をスライドで合わせて右側で射つ。
敵が射ってくるかもしてないのでまた隠れてやりすごす。

時々手榴弾が投げられるので両端の矢印をおして隠れる場所を移動しよう。
もちろん自動で移動してくれるで手間は一切ない。

協力や対戦もあるのでこれもまた熱い。

FPS上級者には物足りないかもしれないね。でも幅広い層が楽しめるゲームだと思います。


ハイド3


※ 課金アンドガチャ

ダイヤは60個、ガチャは150個必要。ガチャは48時間に1回無料になる。

他は復活コインとかクリアチケットなどの便利アイテム。
スタミナの回復は50ダイヤで120回復します。


ハイド4


※ まとめ

世界で1億ダウンロードされてるだけあって手軽なFPSとしては
なんとなくだけど成功しているなってのが分かった。

ネックなのはやっぱり課金が必要なことで
高みに行こうと思ったらそれなりにリアルマネーがかかるだろう。

手軽に楽しむなら問題はないと思うけど。
一度はダウンロードしてもらってもいいんじゃないかな!


公式 : http://mobile.nexon.co.jp/haf

ダウンロードはこちらから


グーグルプレイバナー   アップルストアバナー









応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ