光の使徒のレビュー・課金要素 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:アクション » 光の使徒のレビュー・課金要素

光の使徒のレビュー・課金要素

TOS日記になりつつありますが週末はあまりやってません。
いくらでもやりたいのだけど、ぼくにも生活があるものでって感じ。

ああ、宝くじがあたってくれれば!なんて夢のように思ってます。

土曜日はFF14の14時間生放送をやってました。
今は休止中の身ですが放送はついつい見てしまいます。

やってなくても情報を仕入れたくなるのはサガというかなんというか。
今後に期待を込めてってことで。

今回は軽めに光の使徒のレビューです。
書いている現在アンドロイドのみ!!


スポンサードリンク



光を司る少女と闇を司る少女の物語。
プレイヤーは光の使徒となって少女を手伝うのだ。


光の使徒1


絵のタッチは割りと嫌いじゃない。

でも、ストーリーはおまけみたいなものだろう。


光の使徒2


パズル要素をもったアクションゲームで、頭を駆使しながら
光の使徒を先に進ませていく。

スライドパッドで左右移動、右側でジャンプとブライト。

ブライドは自分の生命力(左上の数字)を消費して周りを明るくする。
明るくすると見えなかった仕掛けが発動して明るい間だけ使えるようになる。

トゲとか悪いものに当たると即死なのでブライトを使いながら
ジャンプして避けながら進んでいこう。

画面タップすると光を飛ばしてブライトとは別に
一瞬だけ明るくする。ランタンにタップすると明かりを灯す。

ランタンはポイントがもらえるので見かけたら確実にタップしとこう。

操作性が悪いせいなのか自分が下手なのか
思い通りに動かせなくてもやもやしてしまう。


光の使徒3


光の使徒にも種類があって右に行くほど性能がよくなる。

使えるようにするためにはさきほどのスターポイントをためよう。
動画広告をみることでもたまっていくのでコツコツ。

もちろん課金でもできる。


光の使徒4


ステージは1章につき4ステージ、次のステージに進むためには
ポイントをためなければならない。

2章のポイントについてはそんな問題なく行ける気がした。


光の使徒5


課金はポイントと残機について。

残機はなくなったら動画広告でも復活できるから
それほど問題でもないね。

ポイントもステージの進行と使徒をもらうために使う。
急いで買う必要はないと思ってる。


以上、レビューでした。

操作感が悪い気がするなぁ?仕掛けはわかってるのに
上手に動かせないからもやっとですよ。

それ込みだったらちょっと・・・って感じ。
ただボクが経たのかもしれないからひまつぶしには良いです。


ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー


応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ