ヴァルハイトライジングのレビュー・課金要素 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:RPG » ヴァルハイトライジングのレビュー・課金要素

ヴァルハイトライジングのレビュー・課金要素

リオオリンピックが開催されましたね。
今年の日本勢はどれだけメダルを持って返ってくれるか期待です。

最新のニュースだと鉄棒の内村選手が鉄棒から落下して
種目別決勝をのがしたとか・・・

ミスは誰にでもあることだと思いますが持ち直してほしいです。

内村選手といえばポケモンGOの事件がありました。
どうやら海外でパケット定額がいつのまにか外れていたことを分からず、
そのままポケモンGOをやり続けていたので50万くらいのパケ代請求が来たとか?

電話会社に連絡してことなきをえたそうですが、
お金あってもさすがに青ざめますな。

今回は少し遅れてヴァルハイトライジングのレビュー。

スポンサードリンク



第7騎士団長のカイトとレニウスは王様に呼ばれて
神の復活を阻止するためにマザーライズを破壊する旅に出る。


ヴァルハイト1


ドット絵で表現されるグラフィックは懐かしい。
ボイスは特になく、絵もそんなに可愛くない。

主人公のカイトはよくある主人公って感じで
レニウスはそれを補佐する知的な親友の立ち位置、王道ですな。

BGMは結構好きな部類。


ヴァルハイト2


戦闘システムってこれに似たゲームを
どっかで見たことあるんだけどなんだったか・・・。

魔獣をエネルギー化したライズを消化して戦う。

ライズを攻撃範囲に入るよう制限時間内にスワイプで移動して
場所を決めたら、攻撃方向を決めてその方向にフリック。

移動しない場合は画面のどこかをタップすると攻撃方向の矢印がでる。


ヴァルハイト3


味方の上を通ると通ってきた方向に味方が移動するので、
味方の攻撃範囲を移動中の攻撃範囲に被せると
範囲に被ってる味方が攻撃してコンボが発動する。

移動には制限時間があるので時間内にコンボがおきるように
味方を誘導していくってわけ。

なんかあったよね、このシステム。


ヴァルハイト4


キャラアイコンの下にある黄色いゲージがたまると
オーバーライズというのがキャラタップで発動できる。

ダメージも攻撃範囲も広くなるのでガンガンつかっていくべし。


ヴァルハイト5


発動するとこんなふうにカットインとともに技が発動する。
ライズ毎にカットインも範囲も違うから色々試してみよう。

序盤はコンボなしでも普通に敵を倒せるから問題なし。


ヴァルハイト6


ガチャはチュートリアルで1回引かせてくれる。
ノーマルのガチャは時間経過で1回無料で引ける。

チュートリアル後のライズストーン(課金石)の数は
これだけもらえるので10連ガチャも可能だ。

リセマラするならココ!

ガチャはライズを引いて、それをキャラに装備させていく感じ。


ヴァルハイト7


ライズストーンは12個で120円、ガチャは50個。
APの全回復は1個、所持枠拡張は5枠で1個だ。

ガチャは約500円必要だけど、AP回復や拡張は1個だから
他のにくらべてかなりリーズナブルではなかろうか。

他だったら100円のに比べてこっちは12円だからね。
値段設定間違ってるんじゃない?


以上、レビューでございました。

バトルのコンボはなかなかに爽快で頭も使うから楽しい。
BGMも聞いてみるとなかなかによい。

グラフィックに期待する人はこんななので期待してはダメ。


公式 : https://valhaitrising.com/

ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー



応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ