Arcane Heartsのレビュー・課金要素 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » ブラウザゲーム:RPG » Arcane Heartsのレビュー・課金要素

Arcane Heartsのレビュー・課金要素

今日は珍しく2つのゲームを紹介ということで
ブラウザRPGのArcane Heartsをやってみました。

アルカナハーツじゃないよ!それで検索したら
某格闘ゲームが出てくるから間違えないように。

読み方は「アルケインハーツ」です。

原点回帰のRPGということで、昔のオンゲが好みの
ボクにはある意味もってこいですが、
昔のマゾさをもってこられると今のボクには難しい。

いいところを持ってきてほしいものです。

スポンサードリンク



エルフと人間が対立していて、そろそろ復讐のために
襲ってくるぞ、やばい!

でも精霊の力がほしい!!っていう話。


アルケイン1


最初は戦士・魔法師・呪術師の3人から選ぶ。

戦士はガチガチの近接タイプ、魔法師はガチガチの遠距離魔法タイプ
呪術師は呪術なのにヒーラー兼アタッカーになれる不思議な職。

お好きな職業をどうぞ。キャラスロは一杯あるのでご心配なく。
性別は男女ちゃんとあるよ!


アルケイン2


始まりはどうやら精霊の力を得るために
リッチキングを倒すところから。

リッチキング以外は一発で倒せるから、
特に苦戦することもなく最初は終われるはず。

グラフィックはリアル調で女性も美人さんって感じ。


アルケイン3


リッチキングを倒すと回想?が終わり、
村の困ったことを手伝いするところから始まる。

ブラウザゲーも自動追尾が当たり前な時代になったんだなぁ・・・。

ボイスはなし!!


アルケイン4


戦闘は至ってシンプルなクリックゲーム。
通常攻撃の間にスキルをポチポチ入れて敵を倒す。

敵はワラワラ出てくるので、ノンアクティブが出てくれば
もっとザックザック狩れる予感はするが、
戦士の最初に覚える範囲攻撃はどうにもクールが30秒と長い。

スキルをとることで5秒くらいは短縮されるが、
ソロでザクザクまとめて狩ることはできないのかも。

昔っぽさは残しつつも今の便利なところは残してるって感じかなぁ?

でも、こういうシンプルなゲーム、ボクは嫌いじゃないです。

自動狩りもあるが、こちらは360分まで可能。
1日制限なのかどうかはちょっと調べてなかった。

スキルの使用とか細かい設定もできるので、
暇な時に自動戦闘をしておくとレベルも上がって効率がいいね。

ただなぁ、公式がガイドしてなさすぎなんだよなぁ・・・。
後で見返そうと思ってもたいしたこと書いてないので、
ゲームでやりながら慣れるしかないという。

さすがウィロー!


アルケイン5


これがスキル画面。アクティブスキルはレベルが上がることで
覚えていくタイプです。

それでもらったスキルポイントは何に使うかというと
スキルの特性に使う。

スキルツリーは戦士なら剣術・戦術・防御の3つあって、
ある程度ポイントを振ると次の段階のスキルに触れる。

防御タイプは防御のスキルが多いが、
バフとかデバフもそれぞれのツリーにあったりで
取捨選択は悩ましいところである。

タンクをしたいなら防御を中心にとるべきだが
脅威度、多分ヘイト?を稼ぎたいのであれば
剣術のスキルもとらないといけない。

奥深いっていうほどでもないけど、シンプルで素敵。


アルケイン6


最大のネックだと思われるのがこの課金。
課金はハーツで行うのだが、1円で1ハーツなので表は割愛。

強化補助剤とか1個につき770円するし、
VIP上級は5000円もするわでなかなか良い課金っぷりを見せている。

使い切りか期限があるのかは分からないが、
廃を目指そうと思ったらかなりの重課金が予想される。

ボチボチゆっくり行くのなら無料でも問題はなさそうだが、
エンドコンテンツまで行くとどうなることやらって感じ。


以上、アルケイン(ArcaneHearts)のレビューでした。

まだPTプレイを経験していないのでなんともだが、
これくらいのシンプルさはお気に入りである。

もうちょいビルドがあってハクスラ感があったら人気出そうよね。


↓↓ダウンロードはこちらから↓↓
Arcane Hearts:アーケインハーツ




応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ