ヴァルキリーアナトミアジオリジンのレビュー・課金要素 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:RPG » ヴァルキリーアナトミアジオリジンのレビュー・課金要素

ヴァルキリーアナトミアジオリジンのレビュー・課金要素

その身に刻め、神技!ザシュッザシュッザフッ
カシャーンカシャーンカシャーン・・・ニーベルンヴァレスティ!

ヴァルキリープロファイル、懐かしいゲームだなぁ。
めちゃくちゃやりこんだわけではないですが楽しかったゲームです。

まだあの頃は若かったですが、死んだ後のことを
考えさせられたゲームでした。

オーディンの兵にはなりとーないが、
レナスと一緒ならそれもいいのではなかろうか・・・。


ヴァルキリーアナトミアサムネ


スポンサードリンク



アース神族の再興を目指しているオーディンは
ヴァルキュリアを目覚めさせ、オーディンの
神兵を探しに行くという話。

ここらへんはあまり前と変わらないですな。


ヴァルキリーアナトミア1


僕は昔からの根強いファンというわけではないので、
ヴァルキリーの声優変更については気にならないです。

冬馬さんが沢城さんに変わったようですが、
どちらも魅力ある声優さんですから。

救済措置なのかは分からんですが、
今ならイベント限定で冬馬さんの旧ヴァルキリーが入手できます。

簡単に手に入るのでやってみてはいかがでしょう。
冬馬さんじゃないとヤダ!って人は
ある程度やわらぐのではないでしょうか。

でも、ストーリーの進行はヴァルキリーで進みます。

主な流れは会話パート→ダンジョンパートの繰り返し。


ヴァルキリーアナトミア2


まずはダンジョンの探索部分。
隣接するマスをタップしてヴァルキリーを移動させます。

移動にはAPを1消費、このAPはスタミナです。
マスを戻る際にはAPを消費しない。

マスには敵や宝箱があって、敵に触れると戦闘パートに。
宝箱からはアイテムやが手に入る。

他にもマスでは探索ができて、APを1消費する代わりに
敵や宝箱のイベントを起こすことができる。

休息はAPを多めに消費してHPを回復、
晶石は1個つかって隣の敵を消せる。

全てのマスを踏破したらボーナスがあるので、
APに余裕があるなら出来る限り回っておこう。

奥にいる大きなボスを倒したらクリア。


ヴァルキリーアナトミア3


戦闘パートはキャラクターのアイコンをタップすると通常攻撃する。
上にフリックするとスキルを使う。

通常攻撃はキャラ下の数字分できる、
スキルは△の回数分、これはステージで共通。

序盤の雑魚は通常攻撃だけで十分だから、
スキルを無駄撃ちしなくても大丈夫。

強敵に備えて温存しておこう。

攻撃をつなげていくとコンボになって、
左下のゲージが溜まっていく。

ゲージは攻撃間隔があくか、敵を1匹倒すと減る。
溜まったら光るのでタップすると・・・

ニーベルンヴァレスティが発動するよ!

しかし、序盤で2人だとゲージがたまんない。
もうちょい強い敵とメンバーを増やさないとダメね。


ヴァルキリーアナトミア4


チュートリアルでガチャを3回引ける。
追加で1回引ける分の秘石ももらえるから計4回。

ヴァルキリーアナトミアのガチャはキャラではなく装備、
☆4程度ならポロポロでるが、リタマラするなら☆6を目指そう。

報酬で落とすせいか、秘石の出はそれなり。

キャラによって装備できる種類は異なり、
メインウェポンとサブウェポン×2の3つまで装備できる。

メンバーは4人まで出撃できるから計12個分は
揃えておかなきゃならない。

ちなみにキャラはストーリーを進めると仲間になる、
ヴァルキュリア枠が1とエインキュリア枠が3。


ヴァルキリーアナトミア5


秘石は120個で120円。

武器生成ガチャは1回500秘石、
武器・オーブ所持枠5拡張につき100秘石。

序盤ちょっと進めた程度だと、もらえる秘石は1000くらいだったね。




以上、ヴァルキリーアナトミアのレビューでした。

ストーリーの雰囲気や戦闘システムは家庭用と似てた、
味方が4人になってコンボをバンバン繋げられたらもっと楽しくなる。

僕はアリだと思うけど、沢城さんヴァルキリーが
受けられるかどうかやね。

キャラクターではなく武器ガチャは良い点。

ただヴァルキリープロファイルを求めすぎるとがっかりするね。
アクション性はあっちほどないし、課金あるし。

あっちはあっち、こっちはこっちで割り切れる人推奨。


公式 : http://www.valkyrieanatomia.com/
(スマホでどうぞ)

公式PV




ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー



応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ