暗黒英雄のレビュー・課金要素 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマートフォン向け » 暗黒英雄のレビュー・課金要素

暗黒英雄のレビュー・課金要素

やっとこさYoutubeに動画をアップしました。
明日にでも動画をはろうと思います。

目指せユーチューバー!?

ipad本体は無料で直接録画ってできないのかな?
パソコンに出力してからなら出来るようだけどどうなんだろ。

今回は暗黒英雄というゲームのご紹介、
ダークファンタジーなアクションRPGです。
(2016/4/25にサービス終了)

暗黒英雄サムネ


スポンサードリンク



聖ホープ大陸を平和をもたらすため、
プレイヤーは魔族の駆除勇士となるってストーリー。

輸入産なので翻訳は仕方ないとしても
駆除勇士ってあんまりかっこよくないね・・・


暗黒英雄1


あんまりチュートリアルはなくて、ガチャを引かせてくれるのもないです。

大司祭に助けてもらってそっからがストーリーの始まり。
ボイスはなし、翻訳がおかしいのは許せ。

会話→クエスト受注→戦闘が流れになっていて、
ストーリーはダークファンタジーの通り、重い雰囲気。

最初に戦士・魔法師・刺客の3種類から選びます。
戦士は近接パワーファイター、魔法は遠距離で、刺客はアサシンっぽい。

性別は固定です、残念。


暗黒英雄2


戦闘はアクションになっていて、敵を全滅すればクリア。

左側のスライドパッドで移動、右側で攻撃、スキル。
スキルにはクールタイムはあるが、MP消費はないので
何発でも打てるよ。

スキルはレベルによって使える種類が増えていく。

回避はないので、ダメージは結構ボコスカくらうし
HPは%表示なのでちょっと分かりにくいかも。

それでも序盤の敵は弱く、通常攻撃連打でも
サクサク進める程度ではある。

ハクスラ要素もあって、装備を落とすので
基本ダンジョンで拾った物や報酬で一式を賄う形になるだろう。

オートもあるし、一度クリアしたところなら
一瞬で終わらせる機能もついているから楽チン。


暗黒英雄3


街でクエストを受注してダンジョンに向かっていく。

クエスト自体は右の自動移動をタップすると
目的の場所に勝手に向かってくれるので楽チン。

一通りのスマホゲーの要素は揃っているが
いかんせん翻訳がなんとなくわかるものの不完全だ。


暗黒英雄4


商店の画面。ここで強化石や鑑定の巻物等の
便利アイテムや装備や宝箱ガチャ等を課金で購入できる。

チュートリアルで無料で引かせてくれるのはなし。

報酬で少しもらえるからまだマシだけど、拾った装備を鑑定する巻物が
課金なのは厳しいのでは?と思ったりする。

課金のダイヤはあんまりもらえない。

他にも街の画像のアイコンに合った大祭典ってやつで
ルーレットガチャができるよ!

初回は無料で引けるのでやっておくべし。


暗黒英雄5


ダイヤは40個120円。スタミナはないので何度でも挑戦できる。
VIPシステムはもちろんあるよ!

代わりにクエスト経験値が4倍、ドロップ率が2倍になる
幸運値が設定されていて、10ダイヤで20回復する。

所持枠拡張は5マスでダイヤ20個必要だ。



以上、暗黒英雄のレビューでした。
バージョンが1.5なのでちょっと前に出たゲームなのかな?

アクションゲームではあるものの、
回避に乏しいので基本は連打ゲーになる。

操作は簡単なので初心者でも簡単にできるだろう。

装備にレベル制限がついているのはネックだけど、
Pvや協力要素など、ここでは紹介していない
やりこみ要素が盛りだくさんなのはいいところ。

オートとか一瞬で終わらせるのとか見てると
最近のスマホゲーはいかに楽に終わらせるかを
重視している気がするね・・・。


ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー




応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ