Gun bird2のレビュー・課金要素 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマートフォン向け » Gun bird2のレビュー・課金要素

Gun bird2のレビュー・課金要素

Gunbird2は昔、船の中のゲーセンにおいてあって、
暇つぶしにやってみたら珍しく調子よく
周りの旅行客から注目を浴びた良い思い出。

あまりやりこんでるわけじゃないから上手ではないです。
全くの素人に比べると少し上手い程度。

怒首領蜂みたいなのは無理だけど、
弾幕避けてると上手い気分になれるから不思議ね。

そんなGunbird2が無料でできるようになったよ!
アンドロイド先行配信です。


ガンバードサムネ


スポンサードリンク



願いがかなうアトラーの魔境を探して旅する冒険がいて、
その中の一人、アッシュが願いを叶えることになった(1)

アッシュの願いでマリオンは1年に1歳若返るようになって、
これはあかんってことで効果をなんとか解除しようとする(2)

ガンバード1


この娘がマリオンちゃん、かわいい!

他にも冒険者はいるのだけど最初はマリオンしか選べません。
条件を満たしてゴールドやジェム(課金)でアンロックできます。

当時珍しいと思ったのが各キャラ毎にストーリーがあって、
ボイスも掛け声程度だけど入ってるんだよね。

今でこそ当たり前だけど、昔はすごい気になってた。


ガンバード2


シューティングはオートショットで、左下の丸いボタンが
タップで威力が高くて射程が短い近接攻撃、
タップ長押しで威力はそこそこ射程が長い溜め攻撃になる。

最初は使わなくてもいいけど、面が進むに連れて
敵がタフになるので使っていくことになるだろう。

でもスマホだからやっぱり操作性はいまいちで
片手でボタン押しながら移動ってのは難しい。

両手でやったほうが操作はカンタンだけど、
タップミスをしやすいっていうもやもやがある。

ボタンの下はボム、弾が全部飴玉(得点)に変わるので
タイミング良く使うべし。

左上のライフがなくなると終了、初期のハートは2個である。

パワーアップアイテムやスコアをとるのもいいんだけど、
最重要でとっておきたいのがゴールド。

このゴールドはキャラクターの強化やアイテムの購入等、
ありとあらゆる場面で使えるので見つけたら必ずゲットだぜ。

難易度は3段階あって、難しいほどゴールドは手に入るけど
挑戦にもゴールドを使うのですぐしんじゃうと赤字。

ノーマルでは1-4まででだいたい5~600ゴールドです。

難易度はスマホ用にチューンされて優しくなってる気がする。


ガンバード3


プレイキャラクターは全部で6人いて、
初期はマリオンなのはさっき言ったとおり。

ステージをクリアしたり、キャラのレベルを上げると
解放ができるようになって、解放にはゴールドを使う。

ちなみに15000なので、ノーマルで稼ぐとすると
けっこうお高くコツコツプレイしなきゃならん。

キャラはゴールドでアップグレードできます。

パートナーは自機の周りをぐるぐるするオプションみたいなもの。
パートナーでスコアが増加するなどの特殊効果もあるよ。

購入するには10000ゴールド必要。

1度買ったらずっと使えるので最初に購入しといてもいい。
ゲームを初めてから18000ゴールドくらいもっていたはず。


ガンバード4


ジェムは値段が書いてないけど30で360円。

挑戦回数のウィング(時間で回復)や
ゴールドを買うのが主な用途になるだろう。

最初に30ジェムもってるので、ウィングはもったいないし
ゴールドをもらうか、アンロックするかどっちかが使いみち。

コツコツできるのであれば課金は必要ないね。



ガンバード2のレビューでございました。

コインをコツコツ集めないとキャラを解放できないのが
ネックだけどSTGとしての出来は良いので、暇つぶしに最適!

課金も強制されないし、ゲーセンで100円払ってた頃に
比べたら良い時代になったもんです。


ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー

公式PV





応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ