幻想のエルドラドのレビュー・課金要素 - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマートフォン向け » 幻想のエルドラドのレビュー・課金要素

幻想のエルドラドのレビュー・課金要素

これもまたルシエルブルーと同じ絵師さん、
ついでにいうとキャラもそれっぽい感じ。

ジャンルは領地育成型シミュレーションゲームです。
箱庭系ってやっぱりはやってるのかね?

エルドラドって黄金郷って意味なんだって。
エルドラドの秘宝ってゲームなかったっけ・・・。

書いた現在ではアンドロイドのみです。


エルドラドサムネ


スポンサードリンク



聖痕エクスマータを巡ってオルタナシアに危機が迫るのを
所属国の指揮官である主人公が頑張るストーリー。


エルドラド1


まずは5つの国から所属国を決めて、
次に補佐官、最初のラウンズ(キャラ)を選びスタート。

ここらへんは好みで決めるといいだろう。

ちなみに補佐官それぞれに声優があり、
チュートリアルで長々とボイス入で喋ってくれます。

ええ、それは歴史からもう長々と。

こんなに長いのは初めてかもしれんってくらい
テキストが長いのでさすがにスキップしてしまいました。

ボイスを聞きたい人はゆっくりどうぞ。


エルドラド2


戦闘パートはシミュレーション、ラウンズを最大5名出撃させられる。

青い範囲が移動で赤が攻撃範囲です。

ユニットによって移動も攻撃も範囲は違う
槍兵なら攻撃は隣接とその隣の2マスとかね。

ラウンズの質はもちろんいうまでもなく大事で、
それと同じくらいラウンズの兵士数も重要。

兵士がいないとラウンズが出撃できず、
兵士の数に差があるとラウンズがよくてもあっさり負けます。

攻撃は仕掛けた側のターンと相手側のターンで1セット、
単純にオートで兵士やラウンズの能力を加味して攻撃しあうだけ。

一応戦闘自体もオートで終わらせることが可能です。

最大10ラウンドまでで、それでも勝負がつかなかった時は
攻撃力の多いほうが勝ち。兵力ではないので注意。

チュートリアルでイージーの最初はクリアするけど、
気をつけたいのはラウンズと兵士の整っていないうちは
ノーマルに手を出さないこと。

僕が下手なだけかもしれないけどあっさり負けた。
兵士補充するのも結構資源食っちゃうから
全滅するとかなり辛い・・・。


エルドラド3


チュートリアルの途中でラウンズガチャを1度引かせてくれる。
ゴールドと功勲と2種類あり、ゴールドは課金(レア)の方。

イメージ的にゴールドが無料っぽいよね。

最初から功勲で1回引ける分はもってます。
だからラウンズは初期含め3人は揃う。

でも、ゴールドの出はあんまりよくないイメージ。


エルドラド4


キャラ画面、一番大事なのは徴兵だと思う。
これがないと討伐に出れないし、少なくても負けるわで散々。

しかも兵士って資源を各種10前後使うんよね。
話が進めばそれほど痛手でもないんだけど、
序盤で兵士をMAX近くまで補充すると、
何千近くの資源がごっそりなくなっちゃう。

くれぐれもノーマルやオートを使って犬死にさせないように!

探索は時間を使ってラウンズの経験値を増やせる。

レベルが上がるとボーナスポイントを使って
スキルに割り振りできるから長時間できないときは
積極的に探索には出しておくべし。


エルドラド5


箱庭な感じ。これは他のゲームと変わらずです。

まずはチュートリアルに従って農場や採掘場を建てることになる。

次にクエストで○○を建てろという指示があるので、
それに従って行くと良いかもしれない。

むやみやたらに建てると資源不足で
徴兵できなくなるのが怖いから気をつけよう。

資源を交換できる市場も早く作っておきたい。
とにかく最初は余裕のある資源の確保を目指すのだ。


エルドラド6


ゴールドは6個120円、ガチャは25個必要だ。

他にも枠拡張系が5ゴールドだったり、
討伐ポイントを回復できるのも5ゴールド。

他にも月額で資源の収穫量をアップさせたり、
課金装備もあったりでゴールドでなんでもござれ。

ちなみに少し進めたくらいではゴールドガチャは
引かせてくれません。



以上、レビューでございました。

ゲームとしてはよくある感じな印象ですが、
やっぱり説明が長いのは気になるね。

ボイス入りできっちりとってるからもう改善は難しいかもだけど
初めて聞く人は面倒でとばすかも。

序盤の資源の使い方は気をつけよう!

なぜなら僕は討伐ノーマルにいって負けて
兵士徴収した分の資源がごっそりなくなったから!


公式 : http://geld.jp/index

公式PV




ダウンロードはこちらから(Androidのみ)

グーグルプレイバナー 


応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ