7人の魔導師のレビュー・課金要素(なし?) - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマートフォン向け » 7人の魔導師のレビュー・課金要素(なし?)

7人の魔導師のレビュー・課金要素(なし?)

今回は洋ゲーの3Dダンジョン探索RPGです。

3Dダンジョンっていうと僕のイメージではブラックオニキスです。
もちろんウィザードリィが思いついて然りなんだけど、
オニキスの方がやるの早かったんだよね。

その頃はまだ幼かったので、かなり苦戦した覚えがあります。

とはいえ、ウィザードリィの首はねもトラウマものだったなぁ。
今回もそこそこ難しめのゲームじゃないでしょうか。


7人のサムネ


スポンサードリンク



元々は洋ゲーを翻訳したものなので、イマイチストーリーは飲み込めない。

洋ゲーなのに正しいかはともかく全部日本語に
翻訳してくれているので英語が苦手な方もとっつきやすいと思うよ。


7人の1


村がやばいので魔導師に頼んで何とかしてもらおうと思ったら
その魔導師が詐欺でさらにやばいことになった。

それを何とかするべく主人公は詐欺師をに対抗するため
他の魔導師を探す旅に出るって話。

始めは主人公の名前・性別・ステータスの割り振りを決めてスタート。


7人の2


雰囲気はダークな感じの洋ゲーそのまんま。

本当はもうちょっと魔導師が仲間になってから
もっと面白くなるはずなんですが、まだできてません。

左上がプレイヤーのアイコンとHP・MP、中央上はミニマップ。

右のアイコンは上からメニュー・全体マップ・
ストーリーや呪文の一覧・睡眠となっている。

動かしたい方向にスワイプで移動、
画面下を2本の指でスワイプするとしゃがむ。

道中はいろんなギミックがあるため、それを解きながら進む。

戦闘やギミックでHPが減って0になるとゲームオーバー。
自動保存はしてくれているが、こまめにメニューから保存しておこう。

この手のゲームをやり慣れた人にとってはぬるめかもしれないが、
今まで紹介してきたゲームと違い簡単ではないと言っておく。

アイテムの拾得やギミックの作動はタップで行う。


7人の3


当然にバトルもある。バトルはターン制を採用していて、
自分が1回行動すると、相手も1回行動する。

コマンドは左から武器・魔法・演奏・アイテム・移動・防御だ。

演奏は周りの敵に影響を与えるコマンドで、
移動は逃げたい時や敵を利用してギミックを作動させるために使う。

防御は1ターン耐えて次のターンはパワーアップする。

装備が揃わないうちはというか揃っても
敵の攻撃は結構痛いのでなるべく遠距離で攻撃できる
武器や魔法を使って極力ダメージを抑えていきたい。

キャラアイコンに表示される数字は行動回数、
ステータスのスピードを上げると増える。

敵の犬は2回攻撃してくるので危険!強い!


7人の4


3Dおなじみのマッピング。
どうしても埋めたくなってしまうのはゲーマーの性だろうか。

このゲームには洋ゲーおなじみのファストトラベルがあります。
これがあるだけでも、だいぶ楽になるよね。

左の人のアイコンをマップの行きたい場所に
ドラッグすると一瞬で移動できるぞ。

行ったことのない場所には飛べない、そりゃそうだ。
これを利用したギミック解除もあるのでよーく考えよう。


課金要素は探したけど見当たらなかった、あったら教えて下さいな。

今までやったことのないゲームで、なかなか面白いです。
それなりに怖いので耐性がない人は気をつけよう。

洋ゲーなので可愛いは一切なし!
でも、無料でこれだけのものがやれるなら満足ですね。

やはり仲間が揃ってからが本当の始まりなので、
気になるかたはプレイをどうぞ。

容量は多めなのでWi-Fi環境は必須かな。


公式 : http://www.7mages.net/ja

プレイ動画




ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー


応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ