destroyer : 30秒のレビュー・課金要素について - ゲームの切れ端

ゲームの切れ端 ホーム » スマホゲームアプリ:シューティング » destroyer : 30秒のレビュー・課金要素について

destroyer : 30秒のレビュー・課金要素について

デストロイヤーって聞くと斧もってぶんぶん振り回して
破壊するイメージです。

雰囲気はポータルっぽくて好き。
Steamにあるゲームだけど知ってる人いるかな?

30秒の間にどれだけ敵を倒せるかの
シューティングゲームになっています。

ちょっとストーリーめいたものもあります。


デストロイヤーサムネ


スポンサードリンク



目が覚めて記憶をなくしたあなた、急に天の声が聞こえてきて
敵を30秒以内に倒してくれと言ってきます。


デストロイヤー1


この無機質感はどことなくポータルを思い出してしまう。
GLaDOSかわいいよ!

Steamでお安く売られているので興味のある方はぜひ。

天の声は一体誰なのか、自分は?敵は??
謎を解くにはひたすら敵を倒していくしかないのであった。


デストロイヤー2


中身はさっきも言ったとおり、シューティングゲームです。

といっても怒首領蜂みたいにシビアではなく、
そんなに難易度は難しくなくヌルい。

タップではじまりスライドで移動、ショットは自動。
左下でボムが1回限りで使える。

後で説明するけど、このゲームはメモリ(記憶)を集めて
自機を強化するシステムをとっている。

敵の弾をかわしていても、強化しないと敵を倒せないので
結局30秒過ぎてしまうのだ。

なのでシューティングのようなシューティングじゃないゲームです。

レベルをあげたらしゅんころになっていくので、
むしろその間は動かさなくてもいいレベル。


デストロイヤー3


これが強化の画面。敵を倒して得たメモリを使って強化していきます。

しかし数値が半端ない数になる、兆とか京とか。
次ってなんだっけ、垓?

時々でてくる広告を見てもメモリがもらえる。
かなりの数をくれるのでできれば見といたほうがいい。

かかる時間は3倍は違う。

強化項目は上からショット・自機・子機・ボム?である。

ショットは段々太くなって威力が上がっていく。

自機は大きくなる、やってみればわかるが敵を倒す毎に
視点が段々遠ざかっていって自機が小さくなるのよ。

自機が小さいと弾速が遅いので敵を倒す効率も悪い。
強化すると大きいままなので他の強化と合わせてしゅんころできる。

子機は弾をうってくれるオプションみたいなもので、
強化すると弾の威力が上がる。6つまで増えるのでバカにならない。

ボムは威力が上がる。僕のパターンはボスの手前でボムを1回使って
ボスにギリギリ届かせていたので、優先度は低いけど上げとくと
地味に効率が良くなる。

強化はメモリの他に各項目10レベルアップ120円でもできる。
課金要素はそれだけ。

3~4時間で80レベルには到達するので、あんまり必要性は感じないかな。

競うのはスコアくらいだしね。


以上、レビューでした。

シューティング性を求めるとちょっとがっかりするゲーム。
でも、ストーリーはとても気になるゲームです。

シューティングが苦手な人も全然OK!


ダウンロードはこちらから

グーグルプレイバナー   アップルストアバナー



応援クリックお願いします! → ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
コメント
非公開コメント

ブログパーツ